銀行でも主婦は借入できます。

専業主婦など収入がない場合や主婦でもアルバイトなどで収入が安定して見込まれない場合でも、主婦OKのカードローンを利用することができます。専業主婦に関しては可能なところと不可能なところがありますが、収入がある人であれば、主婦(主夫)であっても、対応する銀行のカードローンなどがあります(主婦ローンと言われています)。

 

お金を借りるには本人に安定した収入があることが前提条件になることが多く、無職の場合や安定して収入が見込めない場合には利用できないことが多いです。最近では総量規制の関係もあるために、本人に安定した収入がないと利用できないこともありキャッシングの審査に通らないことが一般的です。

 

銀行カードローンは総量規制対象外であるために年収の3分の1の制限がありません。審査は厳格に行われますが、本人に継続した収入があれば、利用可能です。また、本人に収入がない、いわゆる専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば利用できる場合があり、内容を比較してから自分に適した方法を決めるとよいでしょう。この場合m利用するためには配偶者に収入があることが条件で、滞納をしないように正しく支払ってもらえるように話し合いをしてから決める必要があります。

 

専業主婦などがお金を使う目的は買い物をするケースが多く、流通系のカードを使えば普段よりも安く買い物ができるために効果的です。お金を借りるためには目的と今後の計画を考えてから夫や家族と相談して決める必要があり、了承を得てから使う必要があります。

 

専業主婦の場合には収入証明書が不要である銀行カードローンを使うと効果的で、一定金額までなら利用できます。申込書に配偶者の収入を記入する必要があり、自己申告で正しい金額を記入することが重要です。

 

主婦でもアルバイトで定期的な収入があれば銀行カードローンを使うことができ、収入証明書がなくても一定金額までであれば気軽に利用できます。定期的な収入があれば配偶者の収入は関係がなく、インターネットで申し込みや明細確認などをすることで他人に知られないようにすることも可能です。

 

主婦であっても銀行カードローンを利用する際には滞納をしないように正しく返済する必要があり、専業主婦の場合は話し合って決めることです。大手銀行やネット銀行はランキングでも上位にあり、金利が安く手軽に使えるために人気が高いです。

専業主婦だと慎重なところも

銀行であっても消費者金融であっても、収入さえあれば門前払いなんてことはありません。
きちんと収入や借入状況を審査して融資の可否を判断してもらえます。
しかし、専業主婦の場合は若干事情が異なります。
まず、専業主婦は法律により貸金業者から借入ができません。
パートでも派遣社員でも良いのできちんと収入があることが最低限の条件になります。

 


このページの先頭へ戻る